沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第14回コドラート調査

サンゴの種類ハマサンゴ、ヒメマツミドリイシなど
通 称タコサンゴ【死滅】⇒子孫生存か?
天 候晴れ
透 明 度15m
水 深3.6m
水 温25.1℃
う ね りなし
調 査 者山岸
所 見
なんと!!
瀕死と思われていたあのハマサンゴが驚異の復活です!!
昨年(2016年)、ほぼ真っ白になっていたハマサンゴが死の淵からの生還です。ここまで白くなったサンゴが死滅せずに復活した事例はおそらく初めてです。
これまでの観察では、生き残った群体の一部サンゴ個体が死滅した骨格の上に再生してきた事例はいくつかありましたが、今回のように白色化した個体が死なずに、そのまま再生(褐虫藻の色素が戻った)した事例は初めてです。
素晴らしい、ハマサンゴ!拍手を送りたい。

コドラート中央右のミドリイシも順調に成長しています。ヒメマツミドリイシっぽい形状になってきたような気がします。

下の子孫サンゴもグイグイきてますねー。

ショウガサンゴもポリプをわっさりと出していました。
元気なサンゴが多いコドラートはやっぱりいいですね。

【投稿者】

yutaka yamagishi

P5270379

P5270398

P5270387

▲みんな成長!復活!

▲ハマサンゴが驚異の復活です!

▲下の子孫サンゴがいい感じのボリュームになってきました

▲ヒメマツミドリイシらしい太い円錐状の枝がしっかりしてきた

▲グリーンのポリプが美しいショウガサンゴ

▲ナガウニがゴリゴリと凹凸をつくっています

▲左上

▲右下