沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第9回コドラート調査

サンゴの種類ヒメマツミドリイシ
通 称姫松【死滅】
天 候晴れ
透 明 度20m
水 深3.0m
水 温23.4℃
う ね りほとんどなし
調 査 者山岸
所 見
4年間という月日の長さを感じさせる観察でした。
前回調査は2010年7月。
その時は順調な成長をみせており、50cm四方のコドラート(方形枠)をはみ出すのも時間の問題かと思っていましたが・・・


幾多の困難を乗り越えてきた姫松は、「跡形もなく」、ただぽっかりと空いた岩礁だけが残っていました。

過去には瀕死の状態から復活し、死んだ自らの骨格の上に成長していくなど、ストレスに強いサンゴ群体だと思っていましたが、4年の間にその姿を消してしまいました。


僅かにでも死んだ骨格が残っていれば、死んだ時期などもある程度推定することはできるのですが、ここまでキレイに無くなってしまうとそれも難しいでしょう。

近年続く大型台風のうねりに持っていかれてしまったのかもしれません。


そんな中にも朗報が。

ヒメマツが去ったあとには、被覆状のサンゴやコドラートの北側には、同種と思われるヒメマツミドリイシが育っています。

破片分散による姫松の子孫だといいな。今後も注目です。

【投稿者】

yutaka yamagishi

140423_17_01

140423_17_02

140423_17_03