沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第1回コドラート調査

サンゴの種類オヤユビミドリイシ
通 称オヤビン
天 候曇り
透 明 度13m
水 深5.1m
水 温28℃
う ね り多少あり
調 査 者イーズ タカギ
所 見
本日より、沖縄西海岸近海「イナンビシ」でのコドラートを開始します。 まずは、オヤユビミドリイシこと、「オヤビン」のご紹介です!まだ生物も住み着いていない状態ですが、これからカニなどが住めるような大きなものになっていくと思います。(ミドリイシの成長は早いので)現状の近くにいる生物は、ヒメシャコとイソギンチャクです。これから定期的に観察していきます。

【投稿者】
ease
masashi takagi

s-dscf1123

s-dscf1125

s-dscf1127