沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第8回コドラート調査

サンゴの種類ミドリイシ属
通 称ウニサンゴ
天 候晴れ
透 明 度8m
水 深2.4m
水 温31℃
う ね りあり
調 査 者ブルートライ:山岸・前島
所 見
サンゴは白化等もなく、藻もついておらず、サンゴ自体の調子は良さそうだったが、4ヶ所ほど枝が折れてしまっていた。すぐ横に折れたばかりの枝が落ちていた。前回調査の写真と比較すると面積にして30%くらいは欠けてしまったように見える。折れてしまった原因は不明。(このエリアは、あまりダイビングで利用しているエリアではないので、ダイバーによる損傷は考え難いが・・・)コーラルウォッチチャートは【E2?E5】を示した。 サンゴに共生している赤いサンゴガニがいた。前回の調査まで確認できていたミナミタワシウニがいなくなっていた。

【投稿者】

yutaka yamagishi

web-080817n1_s_3m_4_01

web-080817n1_s_3m_4_02

web-080817n1_s_3m_4_03