沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第7回コドラート調査

サンゴの種類ミドリイシの仲間
通 称募集中!
天 候快晴
透 明 度20m
水 深2.9m
水 温24.5℃
う ね りなし
調 査 者ブルートライ:山岸
所 見
これまたご無沙汰していましたね。
確認しましたら、なんと22ヶ月ぶりのマイコドラです。さすがにミドリイシですね、これだけの時間があれば、こんなに大きく成長するんですね。真上からの写真ではわかりにくいと思いますが、横からの写真ではその高さ、ボリュームがわかると思います。この子はこんな風に成長する種なんですね。なんだろう?
しかし、基部を良く見ると、サンゴモに覆われており、自身の屍の上にグイグイと成長しているようです。相変わらず強い生命力を感じますね!
おっと良く見ると、シロレイシガイダマシが3個体も!しかもでかい(殻長30mm近く)!すでに3個体は100mm×20mmほどの面積を平らげており、白骨化しているじゃないですか!(写真下)かわいそうですが、退治しロクセンスズメダイのご飯にしてあげました。
ほかには、クモヒトデ1、大きなヤドカリ2が確認できました。また、成長点が岩盤に接している部分では、岩盤に固着している箇所も見られました。こうやって大きくなる体を支える支点をつくっているんですね。
周辺にはライバルもいないので、ますます巨大化しそうです。次が楽しみです。

【投稿者】

yutaka yamagishi

sp1010083

sp1010085

sp1010096