沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第4回コドラート調査

サンゴの種類ミドリイシの仲間
通 称モシオサンゴ
天 候
透 明 度12m
水 深7.5m
水 温22.9℃
う ね りほとんどなし
調 査 者渡邉・山岸
所 見
サンゴの一部がコドラートからはみ出すほど元気に育っています。先端の成長点のきれいなブルーが印象的です。右上(北東方向)のソフトコーラルとかなり接近しており、夜はケンカをしていることでしょう。 サンゴの中にはコバンハゼの仲間2種、ヤドカリ、ヒメサンゴガニ、ヒメキモガニ、クサイロモシオエビ、モシオエビ、テンボウカクレエビが住んでいました。サンゴの下(南)側は折れてしまった跡が見られました。しかし断面からサンゴが再生しており、生命の強さを感じました。 コーラルウォッチチャートでは【C1−C4】に該当しました。

【投稿者】

nirai-sango

web-071227n1_n_6m_1_01

web-071227n1_n_6m_1_02

web-071227n1_n_6m_1_03