沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第5回コドラート調査

サンゴの種類不明
通 称被覆状に見えるサンゴ(仮称)
天 候快晴
透 明 度15m
水 深1.8m
水 温23.4℃
う ね り多少あり
調 査 者山岸
所 見
初代のミドリイシはすっかりと岩盤と同化してしまい、ほとんどわからないほどです。
コドラート内には、被覆状?のように見えるサンゴが順調に成長しています。これまであまり注目していませんでしたが、今後はこのサンゴに焦点をあてていきたいと思います。しかし・・・なんていうサンゴでしょうか。図鑑を参照しましたがこれらしきサンゴは見当たりませんでした。今度はポリプが引っ込んだ状態も観察してみようと思います。
地形はなんとなく凹凸が激しくなっているように見えました。

【投稿者】

yutaka yamagishi

web-100305n1_n_1m_5_01

web-100305n1_n_1m_5_02

web-100305n1_n_1m_5_03