沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第7回コドラート調査

サンゴの種類ミドリイシ属
通 称三代目サンゴ
天 候晴れ
透 明 度15m
水 深1.3m
水 温28.7℃
う ね り多少あり
調 査 者ブルートライ:山岸
所 見
ほぼ一年ぶりのコドラート調査でした。
「相変わらずドラマチックなコドラート(50cm四方)だな!」という印象を受けました。初代サンゴ(写真中央部分)は、すっかり岩礁と姿を変え、二代目もその痕跡がわずかに残るだけですが、この三代目サンゴはかなり順調に成長しています!しかしすごい成長スピードですね。たった一年の間に面積比で4〜5倍は成長しているように見えます。ホントに同じサンゴかな・笑
http://www2.bluetry.com/kodora/wp-content/uploads/080711n1_n_1m_2_02.jpg
三代目サンゴと隣接している塊状サンゴの間をよ〜く見ると・・・なんと!三代目サンゴが塊状サンゴを攻撃しているじゃないですかっ!体内から白い糸状のもの(隔膜糸)を出して、塊状サンゴの表面の肉を溶かしているんです〜!すごいですね。こうした行動は、夜間に多いと思っていましたが、昼間でもケンカするんですね。
サンゴの世界もまさに弱肉強食!成長の速さもうなずけますね! コドラート内には、ナガウニ4、小さなハナヤサイサンゴ、ミドリイシのほか、いろいろなサンゴが見られた。

【投稿者】

yutaka yamagishi

web-090820n1_n_1m_2_01

web-090820n1_n_1m_2_05

web-090820n1_n_1m_2_08