沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第7回コドラート調査

サンゴの種類ミドリイシ属
通 称触手ワサワサ
天 候曇り
透 明 度15m
水 深7.1m
水 温27.0℃
う ね り未記録
調 査 者ブルートライ:山岸・矢野
所 見
今日はやのっちとコドラートしてきました!
触手ワサワサは順調に成長を続け、コドラートも大きくはみ出してきました!しかし、これだけ大きくなれば当然障害も出てきます。左下(写真上)のくぼみは、前回も紹介しましたがキクメイシとの壮絶な戦いの結果です(写真中)。相変わらずキクメイシにやっつけられているようです・・・くぅ〜!
そして、やのっちが新たな敵?を発見してくれました!なんと右上のソフトコーラルと接している部分でも、テリトリーウォーズが勃発していたのです〜!えらいこっちゃ!
ウネタケの仲間と思われるソフトコーラルを少し剥がしてみると、ミドリイシの隔膜糸と思われるもの(繊維状もの)が、ソフトコーラルを攻撃していました!(写真下)こちらは触手ワサワサが優勢のようです。がんばれ!
いつもサンゴの上を「きれいだなぁ〜」っとぼ〜っと泳いでいますが、よ〜っく目を凝らして見るとこんな生態ドラマが日夜繰り広げられているんですね。
ワサワサには、ネッタイスズメダイの幼魚2,イバラカンザシ1,メガネスズメダイ1,コバンハゼ1が共生していました〜。

【投稿者】

yutaka yamagishi

web-091014n1_s_6m_1_01

web-091014n1_s_6m_1_04

web-091014n1_s_6m_1_02