沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴのモニタリング記録:第9回コドラート調査

サンゴの種類ミドリイシ
通 称ウニサンゴ
天 候晴れ
透 明 度15m
水 深3.4m
水 温29℃
う ね りなし
調 査 者ブルートライ:山岸・大慈彌
所 見
ほぼ一年ぶりのコドラート調査でした。 順調に成長しているな、よしよし!なんて思いつつ調査を終え、過去の記録を見返してみるとびっくりです!
「前よりちっさくなってるじゃん!」
そうです、2008年8月の調査時には、全体の30%ほどが折られてしまっていました。今回の写真と比較すると、前回(2008年8月)のものよりもさらに小さく(50%未満)なっており、その後も災難は続いたようでした。はぁ〜ウニサンゴくん、大変だったんだね。
今回の写真を改めて見てみても、折られた傷は見事に再生しているようで、死んで藻に覆われた部分などはありませんでした。かなりストレス耐性の強い群体のように思いました。
これからの復活に期待します!とても楽しみですね。

【投稿者】

yutaka yamagishi

web-090829n1_s_3m_4_01

web-090829n1_s_3m_4_02

web-090829n1_s_3m_4_03