沖縄のサンゴの保全・モニタリング記録

サンゴ白化情報:砂辺サンゴ白化:深刻な状況からは脱したようです

ポイント名:
サンゴの種類ハードコーラル、ソフトコーラル全般
水 深1~5mm
水 温28.1℃
確 認 者山岸
所 見
9月に入ってから複数の台風が通過したこともあり、水温は28度と落ち着いてきました。
砂辺No1ポイントの浅場のサンゴたちは、種に関わらず白化し死滅している群体、白化してもかろうじてい生きている群体、残念ながら藻が付着し再生の見込みが無い群体など様々。
しかしながら、浅場(水深1~2m)の造礁サンゴの中には、今年の高水温を乗り越えた強い(場所が良い?)群体もおり、壊滅的な状況という訳ではなく、少し安心しました。
砂辺の代名詞ともいえるソフトコーラル群も、全体的に色が薄くなっていました。なかには、弱り肉が溶けてしまい骨片が露出している群体もありましたが、大規模なものではなく、おそらく再生していくと思われます。

【投稿者】

yutaka yamagishi